忍者ブログ   
admin
  高齢犬や老犬の身体的変化、介護やケア対策、病気やケガ、そして食事や散歩など高齢犬や老犬のこれからしなけらばならない対策などをまとめてみました。さらに、高齢犬や老犬と一緒に泊まれる宿泊施設やペットショップなども掲載しています。
      
  
                
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   

高齢犬・老犬と泊まれる宿泊施設

宮城県【鳴子温泉】










宮城県の鳴子温泉周辺で高齢犬・老犬が安心してゆったりのんびりと、家族と一緒に泊まれる宿泊施設を紹介します。


鳴子温泉郷(なるこおんせんきょう)は1000年を超える歴史を持っています。温泉の発見は承和4(837)年。鳥谷ヶ森(鳴子火山)が大爆発し、熱湯が噴出したといわれ、一説には、そのときの轟音から村人が「鳴郷の湯」と名づけたとも伝えられています。 源義経が兄・頼朝に追われて平泉へ落ちのびる途中に鳴子を訪れたことや、松尾芭蕉が「おくのほそ道」で鳴子から尿前を通る出羽街道中山越えを選んだことも知られており、義経や芭蕉にちなんだ名所旧跡や古道なども数多く残されています。


鳴子温泉郷は、宮城県北部の米どころ大崎地方を流れる江合川(荒雄川)の上流に位置し、「鳴子温泉」「東鳴子温泉」「川渡温泉」「中山平温泉」「鬼首温泉」の5ヶ所の温泉地からなる一大温泉郷です。それぞれに個性豊かな街並みや風呂を備えており、比較しながら巡ってみるのも楽しみの一つです。温泉郷の中心部「鳴子温泉」。古くから“奥州三名湯”の一つに数えられています。5ヶ所の温泉地で最も大きく、近代的な宿泊施設や食事処、土産物店が賑やかな街並みを形成しています。「滝の湯」「早稲田桟敷湯」という2つの共同浴場は温泉街の“顔”です。


鳴子温泉郷にある源泉の数は400本近くに及び、多くの宿が敷地内に自家源泉を持っています。 湧出するお湯の量も豊富で、源泉かけ流しの風呂が多いのも魅力。 そしてなんと、日本にある11の泉質のうち、9種類がここ鳴子温泉郷に集まっているのです。 昔から東北の湯治場として知られており、温泉の効能や泉質の良さには定評があります。


鳴子温泉郷に来たら訪れたい観光スポットをちょっと紹介しましょう。 鳴子温泉神社の鳥居の脇に建つ「啼子之碑」には、こんな言い伝えが残っています。 源義経が兄頼朝に追われてこの奥州平泉に逃れてきた時のこと。亀割峠にさしかかったところで北の方(正室)が亀若丸を出産しました。ところが亀若丸はなかなか産声を上げず、この地で川原湯温泉に浸かったときにようやく声を上げたのだそうです。以来この土地を「啼子(なきこ)」と呼ぶようになり、現在の「鳴子」になったという説があります。


「甘酒地蔵尊」には次のような言い伝えがあります。 北の方の産後まもなくの頃、義経一行が陣ヶ森で野宿することにしたとき、大地蔵と小地蔵に姿を変えた山猿の大群に甘酒で接待されました。別れに際し、猿の頭領から「猿族もお産に苦しんでいるので救ってくれ」と頼まれたので、弁慶が呪文を唱え、この地に安産の神として地蔵尊を祀りました。 以後、甘酒を供えて祈願すると母乳がよく出て、丈夫な子が育つといわれています。


江戸時代、鳴子は出羽・羽後両街道の要所で、尿前・鍛冶谷沢・中山・鬼首に宿駅があって「玉造四駅」として栄えました。今では宿場の賑わいは消えましたが、尿前の関から山形県の堺田までの約8.9㎞が「おくのほそ道(遊歩道)」として整備され、天然林の山道を散策することができます。


●鳴子温泉郷のことなら‥‥‥鳴子温泉郷観光協会▶︎▶︎


高齢犬・老犬はお家での留守番は可哀想だしストレスも大きいもの。
一緒に泊まれる宿泊施設があれば、旅行もより一層楽しい思い出になります。
家族一緒に旅行ができる参考になればとピックアップしました。





楽天トラベル・じゃらんnetの各施設の詳細情報、ペット宿泊情報、クチコミ、フォトギャラリーなどがご覧になれます。もちろん、ココから予約もできちゃいます!
料金は犬の場合一頭あたり、人の場合は一泊2食付き2名利用時の1名分の目安です。

※宿泊可能犬種・宿泊料金等は制作時点のものですので、詳細は各施設にて確認してください。







中山平温泉 旅館 三之亟湯




地図を見る>>
宮城県大崎市鳴子温泉星沼77-53


9部屋と小規模ですが窓辺から伺える四季折々の景観は、何時訪れても見応えがあります。心から安らげる居心地の良い旅館です。純重曹泉のお風呂はもちろん源泉かけ流し。「美肌・美人の湯」と言われるくらい有名な泉質です。無色透明、ツルツルであったまる肌に優しいお湯が自慢です。

ワンちゃんと一緒のお泊りはできませんが、近くには提携しているペットホテルを紹介しています。車で15分と近距離なので安心して任せて、日頃の面倒からちょっとタイムスリップ。希望があれば送迎もしてくれます。事前に相談してみてください。


宿泊可能犬種/小型犬〜大型犬
料 金/犬 3,000円〜5,000円 人 7,650円





中山平温泉 四季の宿 花渕荘




地図を見る>>
宮城県大崎市鳴子温泉星沼133-2


花渕山の大自然に囲まれた1,000年以上の歴史を持つ温泉。 地元の食材を大切にした旬の味わいが自慢の山里料理。 思わず「ただいま」と言いたくなる、ほっとする空間。 アットホームなおもてなしとともに、ゆるやかな時の流れをお過ごしください。

プライベートで温泉が愉しめる貸し切り露天風呂の優先予約ができます。 お客様のお好きな時間にゆったりと贅沢なお湯をお過ごしください。ワンちゃんと一緒に部屋で宿泊はできませんが、当館にある室内遊戯場にて預かるかたちになります。

同室宿泊不可 隣接専用施設利用

宿泊可能犬種/小型犬〜(要確認)
料 金/犬 無料(要確認) 人 8,500円





東鳴子温泉 黒湯の高友旅館




地図を見る>>
宮城県大崎市鳴子温泉字鷲ノ巣33-1




当館自慢の天然温泉「黒湯」と4種の源泉を楽しんでください。黒湯は、暗緑に濁った鳴子温泉郷唯一の鉄天然ラジウム泉。膝の痛み、しびれ、肩や腰の痛み、ヘルニア、五十肩、術後療養、冷え性など、様々な症状でお悩みの方に満足していただいています。他にも微発泡の炭酸泉や美肌効果の重曹泉など、当館には全四種の個性的な源泉、七つの湯壺がございます。

いずれも湧き出した鮮度の高い天然温泉をそのまま湯壷に引き込んでおり、源泉の威力を心ゆくまでご堪能いただけます。お食事付きのご宿泊、台所付の部屋で自炊しながらの湯治など、静寂な山間の温泉にとっぷり浸かって、日頃の疲れやストレスを体の芯からお癒やしください。動物好きなお客様たちだけが宿泊するという訳ではないので、 お食事の際はお部屋でお留守番という形をとっていただきます。


宿泊可能犬種/小型犬〜大型犬
料 金/犬 2,000円〜3,000円 人 9,000円





ペンション カウベル




地図を見る>>
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首小向原9-19




オニコウベスキー場ゲレンデまで徒歩3分。鳴子温泉駅より車で20分。ほんわか気分が味わえるペンションです。チェックインが午後6時以降になる場合は必ず連絡を入れること。10月中旬から3月末までは暖房費が別途300円かかります。

ワンちゃんは大きさに関係なく1頭あたり1000円です。毎朝作る焼きたてパンが大好評のペンションです。


宿泊可能犬種/小型犬~大型犬
料 金/犬 1,000円 人 要確認




南東北エリア
宮城県 <鳴子温泉> <塩釜 松島> <仙台市> <秋保温泉> <青根 遠刈田 白石
山形県 <最上 鶴岡 東根 山形市内> <蔵王温泉 かみのやま温泉> <赤湯温泉 小野川温泉 米沢
福島県 <飯坂 土湯 福島市外 高湯 岳> <郡山 白河 羽鳥湖> <桧原湖 小野川湖 曽原湖> <秋元湖 五色沼 裏磐梯> <表磐梯 猪苗代湖> <東山温泉 西会津 南会津> <浜通り いわき

●犬と泊まれる宿【全国一覧】に戻る click_button03.gif





利用者の口コミで宿の評価と最安値が検索でき、もちろん予約もできます。


愛犬と安心して旅ができるノウハウも教えてくれる


お洋服が大好きなワンちゃんには必見のドッググッズブランドです。

PR
   
   
                 
  
INDEX メニュー
スポンサーサイト
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

人気ブログランクバナー
↑   ↑   ↑
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると
うれしいです。
ポチッとよろしくです。
あし@
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) 高齢犬と楽しく過ごす方法 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++