忍者ブログ   
admin
  高齢犬や老犬の身体的変化、介護やケア対策、病気やケガ、そして食事や散歩など高齢犬や老犬のこれからしなけらばならない対策などをまとめてみました。さらに、高齢犬や老犬と一緒に泊まれる宿泊施設やペットショップなども掲載しています。
                       
   
高齢犬・老犬におすすめのジェネリック薬品





高齢犬・老犬にとって絶対に必要なものではないのかもしれませんが、
やはり年齢が高くなるにつれて病気などにかかりやすくなるものです。
抵抗力や免疫力が低下するためにおこる疾患も少なくありません。


毎年、必ず受ける狂犬病の予防注射や混合ワクチン。
春から秋にかけて、やっぱり気になるフィラリア。
夏の熱中症やダニやノミの駆除などなど。。。。



家庭の常備薬のように、愛犬のためにも常備しておきたい「おくすり」もあります。
ただ、大型スーパーやドッグショップなどで市販されている「おくすり」は
正直、効果を期待するほどのものではないものが多いのが現状。


やはり、動物病院で処方してもらう「おくすり」が一番なんですが、
人間のように保険適用になっていないので、とても高価なのがやっかいです。


ここでご紹介する「おくすり」は、海外からの個人輸入によるジェネリック薬品などで
信頼と実績のあるペットの薬専門に扱っている「Petくすり」や「うさパラ」などの商品です。
面倒な手続きもなく、コンビニ感覚でお買い物ができるのでいいですよ。
動物病院で提供される価格の30〜70%も割安なのがうれしいです。
わが家でもフィラリアの薬や皮膚病のおくすりなど、定期的に購入しているものばかりです。

参考にしてみてください。





高齢犬・老犬におすすめのジェネリック薬品


フィラリア予防におすすめの予防薬‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
昔と違って、場所によっては1年中生息するようになったフィラリア菌を媒介する蚊。
動物病院で処方してもらうと高価なフィラリア予防薬を1年中飲まなければ心配です。そこでうれしいのがジェネリック薬品なんです。

 ●ハートガードと同等成分のジェネリック薬品【キウォフハート】‥‥‥詳細を見る>>
 ●欧米で人気のあるカルドメックのジェネリック【ハートガードプラス】‥‥‥詳細を見る>>
 ●日本の多くの獣医師が処方する【ミルベマイシン】‥‥‥詳細を見る>>




心臓病・血圧におすすめの薬‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
先天性、後天性の心臓疾患の薬品もジェネリック薬品なら家計に安心。

 ●末梢の血管を拡げて、血圧を降下させる心不全におすすめのエナラプリル‥‥‥詳細を見る>>



ノミ・マダニの駆除におすすめの薬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
トップシェアのフロントラインも今では動物病院ではなくネットで安く購入できる時代ですが、成分も配合も変わらないジェネリック薬品ならさらにお得です。室内犬など1年中マダニの温床になりやすいんです。

 ●世界トップシェアのノミ・マダニ駆除薬【フロントラインプラス】‥‥詳細を見る>>



目におすすめの薬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
犬の目は、人と同じように外界を知ることができる大切な器官です。治療しないで放っておくと、視力低下や最悪の場合は失明することもあるので、細心の注意が必要です。

 ●高齢犬・老犬におすすめの角膜炎の薬‥‥詳細を見る>>



白内障におすすめの薬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
高齢犬・老犬になると白内障になる確立が高くなります。犬の白内障は、目の水晶体の一部や全体が白く濁る病気です。進行すると視力が低下して、重症の場合には失明することもある病気です。


感染症におすすめの薬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
高齢犬・老犬になると抵抗力がおとってくるために、ウイルスや細菌、寄生虫などに対して防御するパワーも少なくなるためにこれらに感染して大病をわずらうことも少なくありません。


体内寄生虫の駆除におすすめの薬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
内部寄生虫は原虫や吸虫、条虫などが内蔵の中に住み着いて栄養などを横取りして生きています。高齢犬・老犬などがこの病気になると不健康な状態がつづくやっかいな病気です。


口腔ケアにおすすめの薬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
高齢犬・老犬になると、人間と同様に歯垢がたまり歯石へと変化します。歯や歯茎に歯垢がたまると膿みが溜まり歯槽膿漏に進化します。胃や腸に毒素が入り寿命も短くなる可能性が高くなってしまいます。


目のケアにおすすめの薬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
高齢犬・老犬になると自然に視神経も衰えてきます。高齢になればなるほど一番多く発症するのが瞳が白く濁ってしまう白内障。ほっておけば失明になることもある老犬に多い病気です。点眼するだけで進行を抑えるだけでなく治癒が期待できる薬も開発されています。また、衰えとともに感染症に弱いため結膜炎や角膜炎にもなりやすくなります。日頃のケアをしっかりしてあげましょう。

耳のケアにおすすめの薬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
高齢犬・老犬になるとなにかと細菌やウイルスに対する耐性が衰えてしまうため、若い時は自然に発揮していた抗菌力も自然と衰え、細菌の繁殖を抑えるパワーがなくなってきます。そのため、特に耳の長い犬種は耳のお手入れをコマメにしてあげてください。内耳炎などになると耳が聞こえなくなってしまうこともありますから。


皮膚のケアにおすすめの薬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
高齢犬・老犬になると人間と同じで皮膚のハリ、ツヤはもちろん、常在菌に対して抗菌力が衰えてくるためにおこる皮膚のかゆみや痛みなどが多くなってしまいます。人間だって冬の肌のカサつきはかゆくて辛いですよね。高齢・老犬だって同じです。かゆがる姿を見たら正しいケアをしてあげましょう。



サイト全体を見るなら‥‥‥サイトマップ>>









PR
   
  
   
        
  
INDEX メニュー
スポンサーサイト
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

人気ブログランクバナー
↑   ↑   ↑
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると
うれしいです。
ポチッとよろしくです。
あし@
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) 高齢犬と楽しく過ごす方法 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++