忍者ブログ   
admin
  高齢犬や老犬の身体的変化、介護やケア対策、病気やケガ、そして食事や散歩など高齢犬や老犬のこれからしなけらばならない対策などをまとめてみました。さらに、高齢犬や老犬と一緒に泊まれる宿泊施設やペットショップなども掲載しています。
                       
   
高齢犬・老犬の鼻の病気





犬はもともと呼吸器が丈夫にできています。だから高齢犬・老犬といっても、めったに呼吸器系の病気にはなりません。
それでも高齢犬・老犬の場合は、抵抗力や免疫力が年々弱くなってきますから、ウイルスの感染による炎症や、季節や外部からの科学的刺激などにより発症することも考えられます。


なかでも、高齢犬・老犬がかかりやすい鼻の病気として多いのが、【鼻炎】でしょう。
鼻の粘膜がウイルスや細菌の感染によって炎症をおこします。季節なんど関係なく、鼻水が少し出て、鼻の周りに乾いてくっつきます。たまにくしゃみをして鼻汁を飛ばす事もあります。


高齢犬・老犬の状態がこの程度であれば獣医師が内科的処置を施し投薬治療で2〜3日で収まります。しかし、ひどくしてしまうと鼻汁が膿みのようになったり、血が混じったりします。
こうなると高齢犬・老犬の場合、呼吸困難になって、たえず口を開いた状態で呼吸音も荒くなります。蓄膿症や慢性化することもあるので、愛犬の様子をみて獣医師と相談する事をおすすめします。


高齢犬・老犬がかかりやすい鼻のがんに【腺ガン】があります。
鼻腔部分に悪性の腫瘍ができ、腫瘍が腫れていく皮膚がんの一種です。鼻水の量が増えて、悪化すると鼻炎と同様に膿みや出血が見られます。


高齢犬・老犬の場合、鼻がきになってひんぱんに前足で鼻をかこうとしたり、床に直接鼻をつけたりします。腫瘍が小さければ病巣部を切除する外科的処置をおこないます。大きく広がっていたり、高齢犬・老犬で体力的にも手術ができない場合は、放射線治療や抗がん剤の投与で治療をすすめることになります。





加齢に伴う病気

●高齢犬・老犬の病気も進化している‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●高齢犬・老犬がかかるガン(悪性腫)‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●高齢犬・老犬がかかりやすい目の病気‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●高齢犬・老犬の口腔の病気‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●高齢犬・老犬の鼻の病気‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●高齢犬・老犬の呼吸器の病気‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●高齢犬・老犬の心臓の病気‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●高齢犬・老犬の肝臓の病気‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●高齢犬・老犬の腎臓の病気‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●高齢犬・老犬の膀胱・尿道の病気‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●高齢犬・老犬の生殖器の病気‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●高齢犬・老犬の骨・関節の病気‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●高齢犬・老犬の消化器系の病気‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●高齢犬・老犬の皮膚の病気‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●高齢犬・老犬の感染症予防‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●高齢犬・老犬の寄生虫による病気‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>


サイト全体を見るなら‥‥‥サイトマップ>>











PR
   
   
                 
  
INDEX メニュー
スポンサーサイト
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

人気ブログランクバナー
↑   ↑   ↑
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると
うれしいです。
ポチッとよろしくです。
あし@
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) 高齢犬と楽しく過ごす方法 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++