忍者ブログ   
admin
  高齢犬や老犬の身体的変化、介護やケア対策、病気やケガ、そして食事や散歩など高齢犬や老犬のこれからしなけらばならない対策などをまとめてみました。さらに、高齢犬や老犬と一緒に泊まれる宿泊施設やペットショップなども掲載しています。
                       
   
老犬のおしっこコントロール





高齢犬・老犬になると、腎臓の機能が低下して衰えはじめ、頻尿ぎみになり、
やがてはおしっこしたいのか、したくないのかのコントロールができなくなって
失禁してしまうことがあります。


うちの犬の場合、10才の時に前立腺の異常もあるかもしれないということで
とても遅い避妊手術を受けました。その後、タラタラ、ポタポタと漏らすように
なってしまい、部屋中を汚してしまうので、おむつを履くようにしました。


今15才を過ぎた頃から、不思議にそのポタポタが少なくなりました。
きっと、水分補給もままならなくなってきたのかもしれません。



外に出さずに室内で飼われている高齢犬・老犬の場合。

普段はおしっこをする場所で必ずしていたのが、廊下や玄関、
ベランダなど別の場所でおしっこ
をしたり、散歩を毎日していて、
常に外でしか排泄行為をしない犬が、室内でおしっこを
していたりする場合があります。


高齢化して頻尿になってきたことが原因なのかもしれません。
また、高齢犬・老犬になっても縄張り意識は衰えないので、自分ではしっかりと
マーキングをしているものだと理解しているのかもしれません。


飼い主は高齢犬・老犬を飼われている場合に注意することは、
高齢犬・老犬のおしっこの色やニオイを時々注意して観察してください。
いつもと違うような気がする場合は、泌尿器の病気などが考えられるからです。
かかりつけの獣医師と相談することをおすすめします。



犬のおしっこが… 尿に異常が…と思ったら‥‥‥‥詳細を見る>>
姉妹サイト<犬の病気 逆引き辞典>より




健康的なオシッコの維持に役立ちます
特別に加工したクランベリーエキス(クランマックス)と天然ハーブを組み合わせた尿の健康維持に役立つサプリメント。

ネイチャーベット クランベリーリリーフ 50g
POCHI価格 3,780円 ………詳細を見る>>







老犬の仲間入り


●犬も7歳になればりっぱな老犬の仲間です‥‥‥ 詳細を見る>>
●老犬ってどこが変化するの?‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●老犬になると呼吸にも変化が?‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●老犬の脚部不安とは?‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●老犬の食欲を見極める‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●老犬の筋肉の衰えとは?‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●老犬のおしっこコントロール‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●老犬はなぜ反抗するの?‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●老犬の皮膚はこまめにチェック!‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●犬の老齢化への準備(飼い主の心得‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>


サイト全体を見るなら‥‥‥サイトマップ>>












PR
   
   
                 
  
INDEX メニュー
スポンサーサイト
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

人気ブログランクバナー
↑   ↑   ↑
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると
うれしいです。
ポチッとよろしくです。
あし@
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) 高齢犬と楽しく過ごす方法 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++