忍者ブログ   
admin
  高齢犬や老犬の身体的変化、介護やケア対策、病気やケガ、そして食事や散歩など高齢犬や老犬のこれからしなけらばならない対策などをまとめてみました。さらに、高齢犬や老犬と一緒に泊まれる宿泊施設やペットショップなども掲載しています。
                       
   
老犬ってどこが変化するの?





『あれっ!うちの子も高齢犬の域に突入!』って
どんなことが起きると実感するのでしょう。


毎日のように一緒に暮らしていると、人間同士でさえちょっとくらい変化があっても
気がつかない
ものですよね。でも、久しぶりに会う友人やら仕事関係者から
「髪型が変わりましたね〜」とか「あれ〜!なんだか○○さんじゃないみたい!」
なんて、一緒に生活している人からは聞きなれない会話を耳にすることがありますよね。


一緒に暮らしている犬も、実はなかなか急に変わることがないので実感できません。
急に変わっていたら、それこそ大変、、、すぐにかかりつけの先生に診断していただきましょう。(爆)


じゃ〜〜、老犬って言われても、どこがどう変化するのでしょう。


こんなことが気になるようになったら
あなたの愛犬も高齢犬・老犬の仲間入りです。


被毛が薄くなってない?
長毛種、短毛種と犬種によって毛並みは様々ですけど、
老犬になると毛づやが悪くなったり、地肌が見えるようになったり、
これが、高齢犬・老犬になってきている証拠です。


鼻の頭が白くなってない?
「なんか小ジワが増えてきた」「あら!白髪発見」「ソバカスが気になって」など
人間の場合と同じように、高齢犬や老犬も顔周辺に現れやすくなります。
ヒゲの色が変わってきた』『鼻の頭の色が薄くなった』など
高齢犬・老犬になってきている証拠です。


ハリや潤いがないよね?
人間も40才を過ぎたら、やたらめったら気になるのが顔のハリや潤い。
犬の場合も、肉球が固くなってひび割れてきたり、体全体を触ってゴワゴワ
感じるようになったら、高齢犬・老犬になってきている証拠です。


目の色が違ってない?
もともと犬は近眼で遠くのものはぼんやりと見えているだけ。
獲物や興味のあるものへの動体視力は抜群で、そのものにピントを瞬時に
合わせる能力が優れています。でも、そのピントが合わずにモノを追えなくなった場合、
高齢犬・老犬になってきている証拠です。


散歩の仕方が変わってない?
「散歩が大好き!」っていう犬は多いですよね。
飼い主が導かないといつまでも家路に着かないなんてこともあるくらい。
そんなある日、散歩を早めに切り上げたり、すぐに座ってしまって歩きたがらない
なんてことがあれば、病気でない限り、高齢犬・老犬になってきている証拠です。


はじめに書いたように、毎日のように一緒に暮らしていると、
気がつかないことでも、ある日、ふと気がつく瞬間がやってくるものです。
それが高齢犬・老犬になってきている証拠です。





老犬の仲間入り

●犬も7歳になればりっぱな老犬の仲間です‥‥‥ 詳細を見る>>
●老犬ってどこが変化するの?‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●老犬になると呼吸にも変化が?‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●老犬の脚部不安とは?‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●老犬の食欲を見極める‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●老犬の筋肉の衰えとは?‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●老犬のおしっこコントロール‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●老犬はなぜ反抗するの?‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●老犬の皮膚はこまめにチェック!‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●犬の老齢化への準備(飼い主の心得‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>


サイト全体を見るなら‥‥‥サイトマップ>>










PR
   
   
                 
  
INDEX メニュー
スポンサーサイト
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

人気ブログランクバナー
↑   ↑   ↑
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると
うれしいです。
ポチッとよろしくです。
あし@
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) 高齢犬と楽しく過ごす方法 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++