忍者ブログ   
admin
  高齢犬や老犬の身体的変化、介護やケア対策、病気やケガ、そして食事や散歩など高齢犬や老犬のこれからしなけらばならない対策などをまとめてみました。さらに、高齢犬や老犬と一緒に泊まれる宿泊施設やペットショップなども掲載しています。
                       
   
高齢犬の食生活を改善しよう!

(ドッグフードと手作りご飯)





食餌は毎日、最低でも2回
は与えましょう。
2回の場合は、朝ご飯を多めに、晩ご飯を少なめに与えましょう。
高齢犬・老犬になると、胃腸の消化吸収に時間がかかるようになるからです。
うちの場合は3回与えています。朝3、昼5、晩2のバランスで与えています。


●ドッグフードを与えている方
7歳前後になったら高齢犬用、老齢犬用のフードにスイッチしましょう。
成犬用と比べて低カロリーで消化吸収が早いので内蔵への負担も少なくすみます。


値段が割安になるからと、小型犬なのに大袋(4キロ〜16キロ)のフードを
買い置きする飼い主もいます。(私もそうですが)
時間が経てば経つほど酸化してしまうので、密封容器などに小分けして
移し替えて管理しておくことが望ましいです。
無添加のヘルシーフードなどを与えてる方なら、なおさら管理を上手にしてください。

高齢犬・老犬におすすめのプレミアムフード‥‥click_button03.gif



●手作りご飯を与えている方
僕は面倒くさがりやなので全て手づくりではやりませんが、
手作りご飯の場合は、やはりカロリーのことはある程度把握して与えてください。
味付けなどせずに、肉は脂身や皮を取り除き、野菜は茹でて細かくきざんで、
胃に負担をかけないようにしましょう。


ご飯とお肉、ゆで野菜ならいいのですが、厄介なのが塩分の多く含まれた
練製品、パンなどの加工品、ポテトチップなどのスナック菓子、牛乳やチーズなどの
乳製品を与えるのは、高齢犬であれば避けたいですね。特に心臓疾患や心臓が弱い犬には厳禁です。


結論からいうと、手作りご飯にこだわる方にはカロリーバランスの注意をしてください。
栄養士さんならいいのですが、カロリーも知らない素人が手作りにこだわると
栄養のバランスが愛犬に合っているかが不安な部分もあります。
その点、現在発売されているドッグフードは、研究開発もされてきており、年齢に合ったカロリーバランスになっているものが多くなりました。


高齢犬・老犬にとっての日々の食事は、一生を司る大切なものですから、飼い主の愛犬に対する思いやりが一番ですよね。





高齢犬・老犬を元気で長生きさせる秘訣


●高齢犬・老犬の健康管理を把握しよう!‥‥‥詳細を見る>>

高齢犬の食生活を改善しよう!
●食事バランス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●ドッグフードと手作りご飯‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●肥満は大敵だ!‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●フードまかせにしない‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>


高齢犬の生活環境を改善しよう!
●高齢犬に多い事故‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●適温が一番‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●マルガリータは怖いです‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●四季の過ごし方‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●屋外で飼っている方‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>


高齢犬の体力を改善しよう!
●今までとは違う適度な運動‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●散歩はストレス発散に最適‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●足腰に負担をかけないケアが大事‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●理想的な体重一覧表‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>


サイト全体を見るなら‥‥‥サイトマップ>>










PR
   
   
                 
  
INDEX メニュー
スポンサーサイト
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

人気ブログランクバナー
↑   ↑   ↑
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると
うれしいです。
ポチッとよろしくです。
あし@
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) 高齢犬と楽しく過ごす方法 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++