忍者ブログ   
admin
  高齢犬や老犬の身体的変化、介護やケア対策、病気やケガ、そして食事や散歩など高齢犬や老犬のこれからしなけらばならない対策などをまとめてみました。さらに、高齢犬や老犬と一緒に泊まれる宿泊施設やペットショップなども掲載しています。
      
  
                
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   

高齢犬・老犬と泊まれる宿泊施設

北海道【知床・羅臼】










北海道の知床、羅臼周辺で高齢犬・老犬が安心してゆったりのんびりと、家族と一緒に泊まれる宿泊施設を紹介します。


北海道の東端にあるオホーツク海に面した知床半島とその沿岸海域が知床、羅臼エリアになります。
知床は2005年にユネスコ世界遺産に登録され、半島の中央部には千島火山帯が貫き、海岸線は荒く海に削られた地域です。冬には流氷が訪れ、知床の河川には鮭が遡上し、ヒグマやオジロワシなどがその鮭を捕食するという自然溢れるエリアです。


知床観光のベースになのがウトロ温泉。北海道斜里郡斜里町ウトロにある温泉で知床温泉とも称されています。共同浴場は町内に一軒ありオホーツク海を一望できる露天風呂が人気です。また温泉街には無料の足湯施設もあります。
ウトロの観光船などが発着して知床観光の拠点にもなっていることから、比較的規模が大きいホテルが多いのが特徴です。


羅臼町は、道東根室振興局管内の目梨群にある町で、知床半島の南東半エリアを占めています。根室海峡を隔てて国後島と向き合う場所に位置しています。主要道路は南の標津町から海岸沿いに伸びる国道335号(国後道路)、知床峠(740m)を越えて斜里町へと抜ける国道334号(知床横断道)の2本。険しい地形が多く、道路には多くのトンネルを有するエリア。
名産としては羅臼昆布が有名。また、冬から初夏にかけてウニの水揚げがあるのはここ羅臼と他には数カ所と言われるウニの宝庫。


近年では、夏は、クジラ、イルカ、冬は、オオワシ、オジロワシ、アザラシ、流氷、知床の景観を見ることができるクルージングが、研究家、写真家、シーウォッチャー、バードウオッチャーなどから注目されています。また、日本でも有数の漁獲を誇り、めんめ(きんき)、鮭児などをはじめとした鮭、スケソウダラ、イカ、うになどの各種海産物を食べることができます。


高齢犬・老犬はお家での留守番は可哀想だしストレスも大きいもの。
一緒に泊まれる宿泊施設があれば、旅行もより一層楽しい思い出になります。
家族一緒に旅行ができる参考になればとピックアップしました。





楽天トラベル・じゃらんnetの各施設の詳細情報、ペット宿泊情報、クチコミ、フォトギャラリーなどがご覧になれます。もちろん、ココから予約もできちゃいます!
料金は犬の場合一頭あたり、人の場合は一泊2食付き2名利用時の1名分の目安です。

※宿泊可能犬種・宿泊料金等は制作時点のものですので、詳細は各施設にて確認してください。







ウトロ温泉 ホテル知床




地図を見る>>
斜里郡斜里町 ウトロ香川37


知床の山々と原生林を一望しながらのご入浴は格別。大浴場にはサウナもございます。掛け流しのウトロの湯で旅の疲れも十分に癒していただけることと想いま す。また、脱衣場にはベビーベッド(女性側に1台)。シャワーチェアー(男女各1脚)もご用意可能ですので、ご利用希望のお客様はお申し付けください。

専用の和室10畳タイプと8畳タイプをご用意しております。ご予約の際にはペット専用プラン「ワンちゃんと一緒」プランでご予約ください。海の幸、山の幸、お刺身など北海道味覚、デザートまで夕食には数十種類のメニューを揃えております。もちろん朝食も和洋でさまざまなメニューをご用意しておりますので、お客様のお好みのメニューをご賞味ください。


宿泊可能犬種/小型犬(3頭まで)
料 金/犬 1,080円 人 8,500円





知床グランドホテル 北こぶし




地図を見る>> 斜里郡斜里町 ウトロ東172

ウトロ港に面した立地にあり、8階展望大浴場・屋上露天風呂から望む四季折々のオホーツク海は絶景。 JR知床斜里駅よりバス50分、ウトロ温泉バスターミナル下車徒歩5分。お客様の笑顔の為に、地元の素材を中心に味はもちろん目でも楽しめる料理を提供致 したく、日々創意工夫を重ねております。和・洋・中というカテゴリーにこだわらず知床の旬の味覚を活かした「うまい」を存分にお楽しみください。

1960年の開業以来脈々と継承される伝統のホスピタリティで、皆様に、ここでしか得られない、とっておきの体験を提供して行くことを目指します。ペットは館外のペットラウンジにてお預かり可能(要事前連絡)。

同室宿泊不可 隣接専用施設利用

宿泊可能犬種/小型犬(1室1頭まで)
料 金/犬 無料 人 13,000円





民宿 石山




地図を見る>>
斜里郡斜里町 ウトロ西64


知床観光の中心地「ウトロ」の民宿「石山」を拠点に、品数が多いと定評の美味しいオホーツクの海の幸と、さまざまなアウトドア自然体験で四季折々の知床を 満喫してみませんか!海に面したお部屋からは知床連山を望むロケーション。アットホームな雰囲気が疲れを癒し、また旅の思い出を彩ります。

宿の自慢は、一品一品丹精込めた手作りの料理は、その品数にもこだわりが。たくさんのお料理を少しずつ――どんな方にも喜んでいただけるよう、素朴ながらも素材の味を活かしたメニューをご提供しております。量は少なめでも、18品前後も出る海の幸料理は女性に特に人気。


宿泊可能犬種/小型犬〜超大型犬
料 金/犬 無料 人 7,600円




いるかホテル





地図を見る>>
斜里郡斜里町 ウトロ西5



世界自然遺産・知床の宿、いるかホテルは知床の自然の中に建つ「B&B」スタイルのカジュアルな宿です。全客室からオホーツク海、知床連山を眺望できま す。 JR斜里駅からバスで50分。和室を主体にゆっくりくつろいでいただく客室をご用意しております。 全客室からオホーツク海や知床連山の眺望が楽しめます。

目の前の海を望みながらのコーヒーやビールをどうぞ。食堂の出入口からは直接テラスに出られます。夜はフリースペースとしてお使いください。お部屋にバス・トイレ付。無料インターネット接続可能。お部屋の窓からオホーツク海を見ることができます。


宿泊可能犬種/小型犬〜(要確認)
料 金/犬 無料 人 5,900円〜/朝食付き





羅臼の宿 まるみ



地図を見る>> 目梨郡羅臼町

ほぼ日本一早く昇る根室海峡からの朝日はぜひともご覧ください。海に面した客室に泊まればお部屋から眺めることができます。羅臼の海の幸と、ホエールウォッチングや流氷クルーズ(オオワシ、アザラシなど)で知床を満喫しよう! 釧路駅より阿寒バスで3時間30分。

夕食は1階食事処にて、珍しい漁師町羅臼の味が楽しめる、海鮮中心の郷土料理バイキングと個別にご用意するセットメニューのボリューム満点の内容。新館屋上8階はどなたもご利用可能なビュースポット!朝日を見るのはもちろん夜空の星を眺めるのもおすすめ♪ただし、冷えるので防寒は必須ですヨ。


宿泊可能犬種/小型犬〜(要確認)
料 金/犬 有料(要確認) 人 12,000円





民宿 「熊の入った家」



地図を見る>>
北海道目梨郡羅臼町海岸町311-4


昭和61年に、住んでいた家に熊が入ったという恐ろしい経験をそのまま名前にしたという「民宿熊の入った家」。 宿の隣には、熊の爪痕が残る冷蔵庫などがそのままに置かれている家が見学できる。オーナーは、元漁師というだけに地元産の魚貝を使用した、ダイナミックな料理が嬉しい上に目の前の海辺でキャンプもできる。

また、ライダーハウス雑魚寝処という、1泊1,000円の部屋もあり、合計15人収容可能で数に限りはあるが寝袋などの貸し出しもある。ワンちゃんは宿泊できますが要確認。


宿泊可能犬種/小型犬~大型犬
料 金/犬 無料(要確認) 人 6,800円




北海道エリア
サロマ湖 温根湯温泉> <網走湖> <知床 羅臼> <川湯温泉> <阿寒湖> <摩周湖> <根室市> <釧路市・釧路湿原> <えりも町> <日高町> <層雲峡 旭岳> <美瑛町> <富良野市> <トマム> <ニセコ周辺① ニセコビレッジ> <ニセコ周辺② ニセコひらふ> <ニセコ周辺③ 倶知安> <ニセコ周辺④ アンヌプリ> <ニセコ周辺⑤ その他> <小樽> <札幌市内> <定山渓温泉> <支笏湖 苫小牧> <登別> <洞爺湖> <長万部 せたな> <大沼公園 鹿部町> <函館 湯の川温泉> <奥尻島

●犬と泊まれる宿【全国一覧】に戻る click_button03.gif





利用者の口コミで宿の評価と最安値が検索でき、もちろん予約もできます。


海外旅行だけじゃない、国内旅行も格安で安心。


お洋服が大好きなワンちゃんには必見のドッググッズブランドです。

PR
   
   
                 
  
INDEX メニュー
スポンサーサイト
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

人気ブログランクバナー
↑   ↑   ↑
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると
うれしいです。
ポチッとよろしくです。
あし@
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) 高齢犬と楽しく過ごす方法 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++